2009年05月15日

楽曲の利用について

 楽曲は誰でも煩雑な手続きなしに利用できることが、第一条件であると考えます。あくまで“普及”を目指すのであって、商業的な“ヒット”が目標ではありませんから、雛形となるオリジナルを提供する立場からは商用非商用の区別もいたしません。例えばある企業が商用に供したことで普及に弾みがつくのであれば、それは積極的に利用すべき手段であると考えるべきであって、そのことでその企業に利益が発生しても全く構わない、というスタンスです。二次利用による楽曲の販売についても同様であって、その楽曲がヒットしたからといって利用料を請求することは一切ありません。

 ただ誰でもカバー可といっても、「ほしのうた」というオリジナルの理念を引き継ぐことは必須条件となります。またオリジナル製作に対する敬意を表する意味でも原著作者の表示は必要であると考えます。これらの要件を満たすライセンス保護の仕組みとして、クリエイティブ・コモンズを採用します。クリエイティブ・コモンズの定める4項目のライセンスのうち、「ほしのうた」楽曲について採用する項目は以下の通りです。

【採用する】
・表示(Attribution)
 その作品の利用に関しての原著作者の表示を求めるか

【採用しない】
・非営利(Noncommercial)
 非営利目的に限ってその作品の利用を認めるか
・改変禁止(No Derivative Works)
 その作品をそのままの形でのみ利用を認めるか
・継承(Share Alike)
 その作品につけられたライセンスを継承することを求めるか

よって組み合わせの略号は“表示(CC BY)”となります。原著作者名は「ほしのうたプロジェクト実行委員会」または「HOSHINOUTA PROJECT」としてください。

 これに加え「メロディは可能な限り変えないこと」、「歌詞を差し替える場合は“ほしのうた”という主旨に沿った内容とすること」、この2点を利用条件として付け加えます。なおクリエイティブ・コモンズの詳細は、NPO法人クリエイティブ・コモンズ・ジャパンのWEBサイトなどをご覧下さい。


【クリエイティブ・コモンズ・ライセンス】

Creative Commons License

ほしのうた by ほしのうたプロジェクト実行委員会 is licensed
under a
Creative Commons 表示 2.1 日本 License.
Based on a work at
hoshinouta.com.
Permissions beyond the scope of this license may be available
at
http://hoshinouta.livedoor.biz/archives/51217638.html.



Posted at 04:00│ ほしのうたとは?